ガラスリペア


飛び石などによりフロントガラスにできた500円玉サイズ内のキズやひび割れなら 補修することで目立たなくし、ヒビの広がりを防ぐことができます。 交換に比べると費用を大幅に抑えることができますので、 キズやひびが周囲に広がらないように、お早めの補修をおススメします。

リペア仕上がり参考画像

ヒビが小さいタイプ

ヒビが大きいタイプ

ガラス交換推奨タイプ

※一度割れてしまったガラスは完全には直りません。 ウィンドリペアはキズの進行を防ぐための応急処置です。 完全な修復をご希望でしたら、ガラス交換をおすすめします。 補修後も跡は残ります。また、キズ・割れの種類によって多少仕上がりも違います。 基本的に補修後は、どんな仕上がりでも車検適合にはなりますが、ヒビの進行を完全に抑えられるとは限りません。 勿論、補修箇所が伸びてしまったら車検不適合になります。 デフロスタ(冷房、暖房)による、ガラスの表と裏の温度差で発生する多少の湾曲によって、伸びてしまう可能性もありますし、轍の段差の振動、新たな飛び石による衝撃によって伸びてしまう可能性もあります。 ですが、私達スタッフ一同の熟練の技術、厳選したリペアキットによって、お客様が満足し、納得して頂ける仕上がりに補修出来る自信と信頼がありますので、リペアの相談の際は安心してお問い合わせて下さいませ。

この他のヒビのタイプなどのリペア参考画像をブログにて更新してますので参考に是非ご覧くださいませ。

#ガラスリペア #ガラス修理 #船橋市 #千葉県 #三友自動車ガラス #自動車ガラス #東京